« 昨日の夕暮れ | トップページ | 映画で見た未来 »

2005/10/10

主役 脇役、逆転の発想

niki_yuuki_and_satoko004niki_yuuki_and_satoko002 結婚式の主役は誰か?勿論、新郎、新婦。

ではその後のパーティーの主役は?普通、多くは、やはりこれもまた新郎新婦。

しかし今日の結婚式、披露宴の主役は招かれたお客様だった。「私たちがゆっくり出来て、とてもいい思い出になっている、この二期倶楽部で、皆さんにゆっくりしていただきたかった。そこに来て、ついでに僕らの結婚式があったと思い出にして頂けれniki_yuuki_and_satoko001ば・・・」そういうスタンスのスピーチが新たに夫婦になった新郎新婦からあった。

こういうスタンスだからこそ、東京の二人は、わざわざ、那須の二期倶楽部で式、披露宴を挙げたのだ。とっても素敵だった。はっきり言って、僕の結婚式もこの二人を真似て同じような式をしたいと思った。

niki_yuuki_and_satoko003新たに夫婦となった二人が祝ってもらうための結婚式ではなく、あくまで結婚できたことを感謝する結婚式。新郎新婦に招かれたお客様を二人が見事なまでに脇役に徹しておもてなしする披露宴。二人には凄く深い感謝の心が見えていた。

だから僕も一生懸命思考回路を働かせて、精一杯協力させていただいた。

いくら脇役といっても、新たな二人の中では、今日の思い 出、結果としては最高の主役として残る事になるのだろう。だって、二人がこれからの長い人生、今日の列席者に再会するたび、列席者の中に主役として残った記憶が深くあるだろうから、今日という日がいつだって鮮明に蘇ることが間違いない。

教わることが多い結婚式だった。尊敬するような結婚式だった。

仕事としてだけの関係でなく、今後、深い友達になりたい新郎新婦。

こんな結婚式が出来るのも、二期倶楽部に流れる空気、環境がいいからだし、そこを選んだ二人の価値観はやはり見習いたい。

niki_yuuki_and_satoko005「どうかお二人、お幸せに。」そんな言葉が不要なほど幸せになる事間違いないと確信できた。だから二人にかける言葉はあえて、「夫婦げんかするときに連絡してね」かなー。

|

« 昨日の夕暮れ | トップページ | 映画で見た未来 »

コメント

「よんでくれて、ありがとう」と思える結婚式って本当に素敵だな~と感じます。
幸せな二人がもてなしてくれることで、こちらも幸せになれるし、その雰囲気が記憶として残る気がします。
やっぱり、そんな結婚式は憧れ!

投稿: ふく | 2005/10/10 20:07

真ん中に写っている人がバカ殿風ですが、
何だかいい雰囲気の写真なので、
是非欲しくなりました。
良かったら送ってください☆

投稿: リコ | 2005/10/10 21:15

限りなくホームパーティーに近い結婚式でしたね。駅に向かうシャトルバスに乗り込む列席者が口々にもらした「この場所が名残惜しい。帰りたくない。」という言葉、そして同じ感動を味わった列席者間に芽生えた(と少なくとも私は思っている)仲間意識。いろいろな意味でこんなの初めて、でした。

投稿: 列席者その1 | 2005/10/11 01:44

結婚式後の披露宴はホームパーティー派なので良いですね~(*^^*)
結婚できた事に感謝する結婚式。憧れます♪

投稿: arisa | 2005/10/11 18:51

式の前日、駅に向かうタクシーの中で、65歳になる運転手さんがゆってました。
「朝方仕事から帰ってきて見る妻の寝顔が可愛くて、愛おしくて仕方ない。歳をとるごとに違った感情・愛情が芽生えてくる」、と。

あの日、式に参列してこの二人も間違いなく、お互いを思いやりながら素敵に歳を重ねていくのだろう、と思いました。

何歳になっても、皆で集まって、あの日の結婚式の思い出話をしたいなぁ、と思います。

忘れられない結婚式になりました。
末永くお幸せに!

投稿: 列席者その2 | 2005/10/12 01:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28180/6338176

この記事へのトラックバック一覧です: 主役 脇役、逆転の発想:

« 昨日の夕暮れ | トップページ | 映画で見た未来 »