« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月

2005/04/10

韓国と日本。

リンク: Go Korea - 友達と情報があふれる日韓ポータルコミュニティー, Go Korea!.

最近、本当に韓国と日本では人と人は友好的だけれども、国と国と言う関係においては、微妙な関係になっていると言わざるを得ない。
ただ、ニュースを見ていても興味を持ったのですが、日本人のレポーターがデモを行っている韓国人に対しインタビューしたところ「日本の人は大好きだが、日本の政府は許せない。憤りを感じている」とコメントしていました。どちらの政府にしても主権の問題があるからそれは争うこととして当然なのかもしれませんが、ただ、対国民となったときに、争う感情を持たずに接してくれる韓国の多くの方に、「大人」を感じることが出来ました。愛国心は非常に強いが、外国人に対しては、対人として寛容であることは、やはり素晴らしいと思いました。
3月に韓国に初めて行って、韓国の人のやさしさを知り、それまでの僕の韓国のイメージが少し変わりました。
また、そこから韓国に興味を持ち、今月も18日から韓国に行ってみます。そこで面白いものを見つけました。
僕はチャットと言うのは得意ではないのだけど、この「GO KOREA」というところのコミュニケーションチャットは、日本語と韓国語が翻訳されてチャットが出来る。面白いです。
日本国内で伝わっている韓国のニュースを、検証することも、確認することも出来るのです。
やはり、ニュースであっても、すべてを把握して報道しているわけではないという現実に直面します。そりゃそうでしょー!
だって、報道マンは、ニュースの現場に駆けつけるわけですから、一番熱い部分に直面するわけです。
対して、島根県のあのニュースが、日本全域での熱さだと感じてしまっている韓国の方々もいるわけで、それに対しての東京の空気は違うということも現実ですし、釜山とソウルとでも違うし、ソウルの中でもミョンドンとインサドンでは違うわけです。
つまり、日本大使館の前では熱いですが、1キロも離れない場所では、日本人と韓国人が仲良く酒を酌み交わしてる。でも、ニュースにそんな映像は流れない。(笑)
熱い部分と熱い部分だけがニュースで流されるから、たった一部分が全部と誤解しやすくなってしまう。
そういうことを、この日韓翻訳チャットでは認識できるんです。
どうしたら韓国と日本は理解しあうことが出来るか?
もう、これは個人的なつながりが大きくなっていくことが一番の近道なのではないかなと感じています。だって、とにかく友好的なんですから。18日からの韓国では、ここで出会った同じ年齢の韓国の男性と屋台で酒を酌み交わします。そして22日からは、彼が来日。新橋の炉辺焼き屋さんで一緒に酒を酌み交わします。
仲いいでしょ!(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »