« 2004年12月 | トップページ | 2005年3月 »

2005年2月

2005/02/27

ライカ ゲット!!

050227_02060001

つい先日、ライカに憧れてるという話を書いたと思うんだけど、
今日はその夢のライカゲット。
でも、写真でもわかるように、カメラ自体ではありません。
LEICAの正規携帯ストラップ。これだけゲット。(笑)
カメラ本体は、これが1000本くらいでようやく中古で安いのが手に入れられるか入れられないかのお値段。
でも、なんとなく、この色使いが好きなんですよ。ライカっぽい感じでしょ。だって、ライカだもん。
カメラではないけど、コレで僕はライカ使いの仲間入り。
でも、パナソニックのデジカメのレンズはライカだからね。ライカのレンズは使っていた事になる。
こんな事いってしまったら、本物のLEICAマニアの方々に怒られてしまうかな・・・。
LEICAと相対する、双璧がコンタックスなわけだけど、ヒストリー的には僕はコンタックスのほうが好き。
だって、あのロバート・キャパもCONTAX使いの名手でしたからね。
それから、LEICAは高すぎるけど、CONTAXはライカに比べればだいぶリーズナブル。それも好きな理由。
CONTAX、コニカ、ミノルタ、コレが僕の好きなメーカーなんだけど、ミノルタはLEICAと提携してたし、今はKONICAと合併してコニカミノルタになったし、さて、それ以外にもキャノンは最初に自分で買った一眼レフで使いやすいというので、製品が好きだし、母親にプレゼントしたのはオリンパスのμ-Ⅱだったし、縁がないのはニコンだけかな。
結局、カメラなら好きなんだろうな。僕は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/26

イヴのすべて

イヴのすべて
最近の韓流ブーム、火付け役は冬のソナタといわれていますが、
でも、冬のソナタ以上に、僕にとってはこのドラマが韓国へ興味を持つ最初のきっかけだったかもしれない。
このドラマのラストシーンのキスシーンは、僕にとっては最高のキスシーン。
チャンドンゴンのカメラワークを意識した、計算されつくした動き。それでいて、幸せを感じるキスをしながらの笑顔。
まったくもっていやらしくなく、幸せを感じるキスシーンなわけです。
キスシーン俳優一等賞を僕は贈りたいくらいです。

それから、映画「誰にでも秘密がある」でのイ・ビョンホンの喋る韓国語。
なんだかフランス語みたいなんだよね。音感が。
で、今、少し韓国語の本とか購入してみたのですが、やっぱり難しい。
音的に、僕は中国語のほうが覚えやすい頭になっている。
「ピリョハンデヨ」とか、僕の頭に記憶として、言葉の音がなかなか残ってくれない・・・。
もっと真剣に覚えようとすれば、残るのかもしれないけどね。
興味はあるので、もうちょっと挨拶くらいが出来るようには覚えたいと思っています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/22

幸せの一時

今日は新橋のビクターのスタジオからTOKYO FMに向かう途中、お気に入りの中古カメラ屋さんに寄り道・・・。
やっぱりライカは憧れるねー。
まだまだライカのM7はさすがに中古カメラとしては出回ってないみたい。
まあ、コニカのヘキサーRFが僕には相棒としているし、コンタックスもいい相棒だからライカは憧れにしておけば十分!眺めているだけで幸せなのです。(笑)050222_17160001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年3月 »