« アル・カーイダ声明で対日攻撃呼びかけ(読売新聞) | トップページ | au A5406CA »

2004/12/14

レイゴー対大和

041211_11400001

なかなか更新できていなくてすみませんでした。新たな仕事がかなり増えてしまって、てんてこ舞いな毎日でございました。
さてさて、そんな日々の中で、僕は久しぶりに超楽しい仕事をしておりました。
それが来年公開になる劇場映画、「レイゴー対大和」の撮影。毎朝早くからのインで、車の中で寝たりと、それはハードだったのですが、とにかく林屋監督が楽しい人で、撮影現場は刺激のぶつかり合いで楽しかったです。
お話は第二次大戦中の戦艦大和の物語なのですが、僕のシーンは蛍雪次郎さんと一緒のことが多く、
この蛍さんがさすがに名演で、その刺激をたっぷりと受けての僕の演技でしたから、今回は本当に蛍さんに感謝。監督、蛍さんの影響を存分に受けてのお芝居、演技していて楽しかった。スタッフも優秀な若いスタッフで、カメラのこだわりもなかなか。監督をうならせる若いカメラマンで、僕もびっくりな映像に仕上がってます。
やっぱり、ラジオとは違う面白さがあったことは事実。うーーんちょっとハマりそう。僕の役どころは内緒。でも、かなり傷だらけです。この時期に寒い海で、映像上は夏のトラック諸島という設定で、マジで海に飛び込んで漂流シーンとか頑張っちゃいましたから。あーーーー寒かった。
この写真、かなり疲れているように見えますけど、これはちゃんとメイクで疲れているようになってるのですよ。まあ無精ひげは役のためにちょっと本当ですが・・・。

|

« アル・カーイダ声明で対日攻撃呼びかけ(読売新聞) | トップページ | au A5406CA »

コメント

岡田さん・・・いやいや・・ノーマンさんの方がしっくりきますね、撮影の際は大変なシーン(真冬の海の中で演技させるなんて)をありがとうございました。
 ドラマ撮影は大変に楽しい事の連続でした、それにも増して特撮も輪をかけて楽しかったです。
 只今編集の真っ最中です、4月7日のマスコミ向けの特報試写会をめざして突き進んでいます。
 撮影中は少ししか話せずに心残りですが、ノーマンさんのシーンは凄く良いシーンになっていますよ・・・はやく見せてあげたいですね。
 そうそうノーマンさんたちが戦ったレイゴーの全貌が3月1日発売の特撮エースに特製ピンナップと白黒グラビア見開き2ページで特集されていますので是非みてくださいね。
 忙しい毎日とは思いますがお体に気をつけ頑張ってください、また会える時を楽しみにしています。

投稿: 林家しん平 | 2005/02/24 00:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28180/2263590

この記事へのトラックバック一覧です: レイゴー対大和:

« アル・カーイダ声明で対日攻撃呼びかけ(読売新聞) | トップページ | au A5406CA »