« 2004年9月 | トップページ | 2004年12月 »

2004年10月

2004/10/02

アル・カーイダ声明で対日攻撃呼びかけ(読売新聞)

@nifty:NEWS@nifty:アル・カーイダのナンバー2、声明で対日攻撃呼びかけ(読売新聞)

もう、本当にこれだけは、どうしようもないのかな。
でも、どうしようもないんだよね。
ある意見を擁護すれば、それに反対意見が出来る。
これは仕方ないことなんだけど、
ただ、武力や何らかの圧力によって違う意見を抹殺するというのだけは、
絶対に違うと思うわけですよ。

違う意見を統一しようとするのではなくて、
違う意見、思想、主張を違うものとして認めること。
それだけできればいいと思うのですが。

そこから主張の押し付けが始まったときに、
なんかがおかしくなるように思う。

ぼくら個人のレベルでも、やっぱり「諦め」ってするでしょ。
あるでしょ。それがあるからうまくやっていける部分もある。
でも、諦めは、敗北でもなんでもないんですよ。
だから「敗北」ではなく「諦め」という言葉があるんじゃないのかな。

諦めて、やっていたら、それが面白い場合だってある。
相手の意見のほうに従っていて良かったと思うときも。

だから、お互いがお互いを認めて、ある部分で諦めて、
それで初めて手が結べることもあると思う。

どうなんだろー


| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年12月 »