2020/11/29

マスクの意味

Image0_20201129000501Image3_20201129000501

ちっちゃな子供でも、マスクを着けているのに、それが出来ない大人もいるんだよね。

何のためにマスクを着けているのか…。

その本質を理解してなきゃ。

ちっちゃな子供でも、理解してる。

そして、ご飯を食べる時に外す。飲食店に入ったら外す…ではなくてね。

|

2020/11/25

X-T30にxf27

Image0_20201125022001

出張の相棒にフジを使う場合…。
まあ、それが僕の定番でもあるわけだけど、

そんなフジの中でも、
X-T30は、スマホと同じケーブルで
本体から充電できるので、
相棒にする頻度が高い。

そこにxf27 mm、
35mm版換算、40.5mmが好きだ。

フィルムでコンタックスを愛用していた時も
ブラナー45mmを多用していたからか、
好きな焦点距離。

ライカの50mmか、35mmか論争の
その中間にいるような焦点距離は、
まさにフジの良心。ありがたい。

そして出張に持ちやすい
軽量パンケーキレンズ。

もう、この組み合わせは、
出張フジのベストバランス。

あとX70があれば、もう十分でしょう。(笑)

それでも、50ミリや、35mmも、持って行きたくなるんだよね。

作品…ではなく、
写真を撮る楽しみがフジにはあるね。

|

なんで大きいの?

Image0_20201125004101Image1_20201125004101

風呂上りの7歳の長女から、

『ねー、お父さん、なぜ、お父さん指だけ大きいの?』

と質問。
あやめ、つばき、
姉妹の大きさの違いは、先に生まれたから…と言っていたが、これは、先に生まれたから大きい…は、通じない…。

風呂上りのいま、次女も含め、
議論してる…。
 

|

2020/11/23

エムスポ 楽しいから出来るように

Image0_20201123022001Image1_20201123022001Image2_20201123022001Image3_20201123022001Image4_20201123022001Image5

 

我が家の長女、あやめは、生まれた時から少し体が弱い子だった。
酸欠状態で生まれたからね。

 

幼稚園でだんだん体力もついてきて、小学校に進学。
しかし、小学校ではなかなかついていけない授業もあったりもし、体操教室に通ってみたものの、そこのカリキュラムについていくことも大変だった。
その体操スクールに通うこと、それすらが、ストレスになっているのは明らかだった。

 

そんな時に、よき行く公園の側に、新しい運動教室がオープン。

 

体操スクールでなく、運動スクール。

 

なんか違う。体操スクールとは違うな!

 

コロナ禍の緊急事態で、子供らは、鬼滅の刃に夢中になり、鬼滅の刃に関することなら積極的だったので、鬼滅の刃の学校なんだと、連れて行ってみたら、即座に、夢中になった。

 

なんだろう、ここは、相対評価ではなく、
絶対評価で、運動、
身体の使い方を、自然に面白く教えてくれる。

 

誰かと比較ではなく、
本人のそれまでと比較する、個人の絶対評価で、ちゃんと褒めてもらえる。
そんな褒められた経験が嬉しくて、
できることがどんどん増えていった。

 

子供たちは勝手にこのエムスポを
『鬼滅スクール』と呼んでいる。

 

ここに通うと、逆立ちの呼吸やら、スキップの呼吸やら、鉄棒の呼吸やら、出来るようになって、いつか、『柱』になれるらしい。
そんな説明を子供はしてくる。(笑)

 

あんなに鉄棒が大嫌いだったあやめが、
今日は自ら鉄棒に近づいて行き、
上がって見せたり、
ぶら下がって見せたりしてくれた。

 

娘が、逆立ちしたいという目標を持つなんて、半年前は、思いもしなかったが、
いまは、逆立ちの実現が近づいて来ている。

 

出来る出来ない…ではなく、取り組むことに、前向きになっている。

 

それが驚き。

 

教え方、教わり方の違いで、人生は変わる事を、目の当たりにしている。

 

仕事でもそう。
教え方ひとつで、まったく違う。

 

相手に合わせた絶対評価、
これを忘れちゃいけない。

 

その方が、結果、良くなるんだから。
これは僕も以前から実践しているけど、
環境も大きく作用する。

 

環境からだよね。

 

エムスポでの娘達を見ていると、
あらためて、感じる。

 

何より、『楽しい』がないと。

 

楽しければ、自ずと成長する。

 

明日も楽しみな月曜日。
お休みだから、付き合える。

 

公園で、鉄棒するぞ。

 

 

|

2020/11/21

七五三

 Xpr25405 Xpr25517 Xpr25278

Xpr25653 Dscf3734 Dscf3591

 

七五三、

多摩川浅間神社にて。

姉は、気分は七五三ではなく、

演歌歌手みたいなんだと。

そこで、鬼滅の刃の炎を、

気持ちよく歌い始めちゃう・・・。

演歌歌手的な、振りまで付いちゃって、

気持ちよい感じで歌っていた。

それを

『おねえちゃん、うるさい!』

と言って、耳をふさぐ妹。

まあ、なんともバランスのとれた姉妹・・・

だと思うことにしてる。

|

2020/11/20

動脈

Image1_20201120131401

#エネルギー
#動脈
#日本オイルターミナル
#大宮

日本は動いている。
だから、エネルギーを求める場所がある。

そこへ、着実にエネルギーを届けてているインフラ。
それが目の前で動いている…当たり前の日常に感動を覚える。

それを当たり前と思ってばかりいては、傲慢になってしまう。

インフラを支えるチカラ、
ありがとうございます。

|

看護師への道、志し高く。

Image0_20201120001101Image1_20201120001101

今日は、看護師を目指す方々を取材。
この時期に、志し高く、看護師さんになろうと、笑顔で学びに励んでいらっしゃる。

鈴木さんは、笑顔のファーストコンタクトで、
その場を和やかに明るくしてくれ、
これなら病院でも、一気に安心感が生まれるのだろうなと。

渡辺さんは、終末医療に携わりたいと、人の生き様が一方通行であるからこその、
年齢を重ねた方々への敬愛の想いを教えてくれた。

そして夢のために、看護にすすむ人、
高齢者施設の現場で無力を経験したからこそ、
看護師になろうと決意した人、

それぞれが、それぞれの理由で、志し高く。

その根底には、すべて優しさがあった。

|

2020/11/18

カメラ雑誌、減ってしまったなぁ…。

Image0_20201118034001

カメラ雑誌って、ほんと減ってしまったよなぁ。
f5.6なんて好きだった。
たいてい、エイ出版のもの。
カメラ云々でなく、写真機、写真のある生活がイメージされるムック本。
うん、少なくなっちゃったなぁ…。


|

コロナ禍を思い知る

新しくした。五年目の更新。
iPhone12miniに日曜日から。

Face IDに認証されない度に、
『今はコロナ禍』と言う事を思い知らされる…。
第二世代SEだったら、そんな事はなかっただろう…。

#iPhone12mini

iPhoneから送信

|

2020/11/17

思考の限界がある人…。

悲しいかな、想像力以前に、
自分の知らない事は、
なんにもわからないひとがいる。

自分こ考えのみで、世界観、
作ってしまっちゃう人…。

僕は、仕事のスケジュールを全て公表しているわけではないし、

関係ない第三者に管理される立場でもない。

そんな人、何度か目撃したけど、
はっきり言って、気持ち悪かった。

そう言うのを『ブス』と呼ぶのだと言うことは、
警察の方から教わった。

僕はその人と友達ではないし、
知人と呼べるような関係でもない。

ただただ、ブスな人…と記憶し、
それは、仕事の現場でも共有している。

いわば危険人物。

警察の人が、
『もし、その人が眞善さんの好きなタイプ、
例えば仮に、藤原紀香さんとか、
米倉涼子さんみたいだったら、警察の出番はないんですよ。それは、二人にとって、
運命的な出会い!になるんです。
でもね、それが、違うから、警察に、今、眞善さん、いるんですよ(笑)』と。

だ、よ、ね…。(笑)

ストーカー問題の根本は、
そこなんだなと、妙に納得した夜があった。

思考に限界があると、自分以外の思考までは、
考えられないんだろうね…。

ちょっと、かわいそうだ。

皆様も、運命的でない出会いには、
細心の注意を。


|

2020/11/11

いつもの車窓から…。

Image0_20201111120701Image1_20201111120701Image2_20201111120701Image3_20201111120701Image4_20201111120701


もう何年も見ている光景。

でも、毎回違うんだなぁ。

|

本音は焼肉

Image0_20201111115701Image2_20201111115701Image3_20201111115701


|

2020/11/10

ショックで寝てしまう姉・・・

Xpr24911 Xpr24774

自然、釣りを堪能、美味も感じる妹に対し、

ショックで寝てしまう姉、あやめ。

でも、そのショックも、わかるんだ。

あやめは、蜂窩織炎という病気で、虫が絶対にダメだと医師からも言われている。

蚊に刺されただけでも、呼吸困難になってしまうからと。

親からも・・・つまり、僕からも厳しく言っている事。

だから、森に足を運べるのは、夏は絶対無理で、

秋以降、虫がいなくなってきてから。

しかし、釣りで、魚が虫を食べる事を知り、ショックを覚えてしまった。

|

エンジョイする妹

Img_9773 Img_9768 Img_9762_20201110005601 Xpr24878

山女、岩魚、虹鱒、

ぜーんぶ食べた妹、つばき。

| | コメント (0)

2020/10/28

プロフェッショナルのクオリティ

Image0_20201028011501Image1_20201028011501Image2_20201028011501Image3_20201028011501


|

全集中、水の呼吸?

Image0_20201028010401Image1_20201028010401


確かに。
間違いなく並んでる。
全集中水の呼吸

壱ノ型 水面斬り
拾壱ノ型 凪

そりゃあ、娘は見つけて興奮するのも無理はない。

ただ、そこは鬼滅の売り場ではない。

#鬼滅の刃
#全集中


iPhoneから送信

|

2020/10/27

あやめのマリーゴールド

Dscf1466

あやめが大切にしているマリーゴールド、

期待に応えて、すごくきれいに。

|

メリタをチョイス

Dscf1411

新しいコーヒーメーカーを。

かなり悩んで、吟味して、

選んだのは、メリタ。

日曜日、ヤフーのポイントが良かったし、5の付く日のポイントも。

それで決断した。

いやー、旨い。

|

2020/10/26

祈り

Dscf0922 F39fc1452232400c9d120357c820a29236370000 Dscf0918

くら寿司・・・・

真剣なる祈りは、なかなか届かない・・・・

|

2020/10/14

ホームの眺め

Dscf1672-1

湘南新宿ライン、車窓からの眺め、

低い場所から。

新幹線では、こういうのは撮れない。

|

2020/09/29

文化の改悪

Image0_20200929044201Image1_20200929044201

タイトルは仰々しいが、
カンタンに言えば、
お洒落になったが、不便になった…。
と言う、宇都宮駅のお話。

以前、宇都宮駅の一階にあった吉野家がなくなり、そこがお洒落なフードコートに。
さらには、餃子屋さんも今後。

お洒落なカフェが、気軽に利用出来るかもしれない。
あ、そこのコーヒー、410円です。

あ、吉野家の牛丼は、そのお値段以下です。

そのお値段以下で、10分以内で空腹が満たされて、仕事のための移動を開始出来る。

JRの運転士さんや車掌さんも、よく見かけたっけ。乗務前か、後かは、わからないけど、急いでかきこんでいた光景をいつも見かけた。それから学生さん。
そして僕。

ほんとお世話になった。

新幹線発車まで12分ある、
よし、吉野家!

電車、あと10分あるから、よし、吉野家。

タクシー乗り込む前に、ちょこっと、小腹を埋めよう、よし、吉野家。

こんな使い方が出来なくなった。

もう、そりゃものスッゴくお洒落になっていて、見た目はいい…かもしれないが、そこにアジが欠如してるんだよな〜。地域の生活感と言うか…。

どこにでもある吉野家でも、それゆえに地域の作用が見て取れる。つまりは、そこにアジがあった。

観光客にばかり合わせてしまうと、観光客からすると、逆に観光する意味が希薄になっちゃう。
その地を何のために訪れているのか。
そこの『普通』を味わいたいわけで、
地域の日常、地域のルーティンで祭りがあったり、その、祭りがあることが、日常の流れの中。

それを観光客向けに演じられてしまったら、意味が違ってくるのと同じ。

文化の基本は、生活で、生活の上に成立するもの。

海外旅行は、日本とちがうからこその、海外旅行という目的。

それを、例えば、日本人観光客のために、海外に、日本を作られては、意味がない。

どこもかしこも、東京によくある…的な施設を目指したら、魅力はどんどん希薄になる。

改札でると、もう、宇都宮感が、希薄になったな。売っているものは宇都宮でも、売られている環境は、高知龍馬空港とも変わらない感覚。悲しいかな、売っているモノの違いだけ。

やっぱり、宇都宮駅では、もう、ホームの野州そばが、一番、宇都宮ならでは…を感じられる、残り少ない場所だ。

|

2020/09/28

我儘 『サラの鍵』より。

2010年の映画、
『サラの鍵』と言う作品。
ヴェルディヴ事件と現代とを交差させて描いている。

心苦しみながらも、観てしまった。

人間の仕業とは思えないような事実に、心、苦しくなるけど、観てしまう。

また、この映画の本質とは違うところで、
物資的に満たされると、人間は新たな不満を持つように…。

何のためににモノが作られるるか、
大切にしているか。

人が人らしくあるために。

普段の日常と言うものが、
何かから逃げずに生きられること、
ありがたいなと。

それでいながら、不満を持ってしまう現実。

人間は、人ではなく、環境と言う甘やかしの上に、我儘になる。

過去を紐解くと、『今』に幸せを見つけやすくなる可能性もあるんだなと知る。


あ、シェービングジェルがあるだけで、
十分にありがたいのだけど、

今朝から使い始めたサクセスのジェルよりも、
シック のジェルの方が僕は良かった…。

なんて僕はワガママだ。


|

2020/09/20

地元応援券で

Image0_20200920230001

車検を、地元応援券で受けられるのは、
ありがたいばかり。

次女、つばきは、車大好きなので、
車両整備中も、夢中で、色々なクルマ、ナンバーを観察。
嬉しくて仕方ないみたいだった。

|

2020/09/08

運転手さん、フジテレビって・・・まとめてみた。

いつも通りの朝だった。

朝いち、僕が長女を小学校に送り、

次は、家内が次女を幼稚園に送り、

幼稚園の送りから、家内が戻ってきた頃には、

『フジテレビのクルマ、マンションの前で、もう待ってるよ!』と家内が言ってた。

なんて早い到着。さすが、局のクルマ。

時間には絶対!を可能にしてくれる車だ。

家内が買い物に出たら、

その次は、僕が、すでにマンション前で待ってくれている、

いつものフジテレビからのタクシー送迎車に、

11時30分に車に乗り込む。そして、12時20分フジテレビ到着予定。

 

この車は、あくまでフジテレビが契約して、手配している専用車。

11時半、オンタイムで出発。

あれ、でも、車両は、いつものだけど、

今日は運転手さんが、ルーティンの、いつもの人とは違う。

乗り込むと、

『フジテレビまで、安全にご案内します』と、運転手さん。

いつも通りだ。

 

車は、中原街道を上っていく。

うん、間違いなくナビ通りと、時々景色を確認しつつ、家内にLINEの返信。

そして今日の番組の資料、進行をチェック。

で、だ。

なぜか、環七をタクシーは左折した。

え、いつもは、まっすぐ、荏原から首都高、乗るのに・・・

運転手さんに声をかける。

僕『環七、これって、迂回なんですかねー?』

運転手さん『ナビが渋滞とか反映して、ルート教えてくれるので・・・』

僕は思った、あー、確かに。

中原街道が混雑してる場合、VICS情報が反映されて、最速コース、

環七から国道246出て、上って三軒茶屋から首都高からね・・・と、納得。

以前、ここのタクシーで、迎えに来るとき、中原街道が混んでいたので、

用賀から乗った方が速い!というコース、使ってくれたこともあったしね。

環七はすいていた。さすが、時間優先のナビ!すご!!!

資料に目を通し続ける。

あれ、そろそろ、左車線から側道、そして246、右折じゃない??

運転手さんは、中央車線を走り続けている。

僕『246、右折じゃなかったんですかねー』

運転手さん『右折の交差点とかなかったんでね、これで大丈夫ですから・・・』

そうか、246が混んでるから、やりすごしたわけね。

あそこはアンダーパスだし、ナビの通りか。

こりゃちょっと遠回りだけど、速さ優先か・・・。

自分を納得させる要素はあった。

でも、ナビが右折を指示し始めている。

それでも、黙々と中央車線を走っている。

世田谷街道、右折の指示。でも、中央車線。立体交差・・・

僕『運転手さん、世田道、右折でしたよねー』

運転手さん『いや、でも、これ、交差点、なかったですよねー・・・ちょっとおかしいなぁ・・・』

ナビがリルートを始めている。

僕『あのー、立体交差は側道に出ないと、右折できないですよ、側道へって、ナビ言ってましたよねー』

運転手さん『あ、でも、ナビはちゃんと、ナビ通りに走ってますから大丈夫です』

いやいや、運転手さん、それは、ナビが、運転手さんに合わせてくれてるんだって!!!

ツッコミ始めた、僕の心の声・・・

おいおい、いくら迂回にしても、この運転手さん、側道という概念がない???

ひたすら、中央車線をそこそこのスピードで走ってる。

これじゃ、いくら右折指示でても、曲がれないんじゃない???

ナビがリルートを何回もしてるじゃん!

すると、中央車線からでも右折出来る場所があった。

助かった。ナビに戻れる、これなら10分ロスくらいかな。いや、15分くらいかな・・・

ギリギリだけど、駆け込みで

遅刻はしないですむかな。

そんなことを考えながら環七から右折すると、なぜか、今度は左折。

おいおい、戻らないのかいっ!!!

番組資料でなく、ナビの画面を見る僕。

このナビ、なんてコースを指示してるんだ??

僕の頭の中では、この時もまだ、三茶から首都高へ案内しようとしてるナビだと信じていた。

 

僕『運転手さん、これ、12時20分にフジテレビ、間に合いますかねー?』

運転手さん『あ、もうすぐですから、大丈夫ですよ、ナビ通り走ってますから』

『ナビの到着時間、ぴったりくらいですかねぇ・・・』

あ、そう。

プロであるあなたを信じましょう。

でも、でも、

いやいいや、京王線のマーク、見えたぞ。

 

そんな場所から、お台場もうすぐじゃないだろー!!!

まあ、でも、右左折はできそうな道。側道の不安はもうない。

こちらも仕事がある。

目を通さなきゃ。

それから5分くらいたっただろうか・・・

運転手さん『もう着きますんでね、大丈夫ですから』

おいおい、いくらなんでも、それは早すぎだろー!!!

やばい、違ってるっぽい。

スマホを出す。

到着。

フジテレビ、到着・・・・

Img_6562

 

Img_6561

 

Img_6564

運転手さん『あれ、なんか、建物ちがうねー、あれ、おかしいねー・・・』

 

運転手さんは、どうやら、フジテレビが、あの球体のある銀色のビルであることは分かっているようだ。

 

でも、そもそも、あれが、こんな入り込んだ場所にあると思う方がおかしいでしょ!!!!

 

あ、でも、もしかして、リモート出演?

ここって、フジテレビの分室だったりする??

会社に確認。

状況説明のために、案内されたフジテレビの写真を撮る。

電話で僕『フジテレビって、今日、リモート出演で、別場所ですか?』

 

会社からは、冷静な言葉。『確認します』

『違います』

『いつものお台場です』

 

運転手さんに、

僕『あのー、港区の、お台場のフジテレビですから、戻って、3号線入って、環状線で行きましょう』

運転手さん『あ、じゃあ、ナビ、入れ直した方がいいですかねぇ・・・』

僕『もちろんです』

 

その後の対処を話すために、違うフジテレビの前で、電話でやりとり。

会社から、フジテレビへも連絡を入れてもらう。

そのやりとりでつかの間。

またタクシーに乗り込んで、車は走り始める。

遅刻はしてしまう。

だけど、メイクを超早スピードで終わらせて・・・

色々な算段を頭の中で組み立てる。

うん、なんとかなる!

生放送、現場には問題なく・・・・

 

これで、ようやく、原稿に目を通すことが出来る・・・

台風10号、中継各地、そこで昨年の千葉の被害と照らし合わせて・・・・っえ、

原稿から目をはなして、車窓から前を見た瞬間、

え、

えっ、

え、え、

なんか違う。

3号線上り、乗るまで案内すればよかった。油断していた。

首都高3号線は2車線の空中道路。

でも、・・・・今・・・・

今、片側3車線。

大雨の中、走っている。

Img_6566

これ、首都高じゃない・・・・

 

まさか、3号線、池尻大橋から乗って、逆に走ってきた???

すると、運転手さん

『もう東京ですから』

って、おいおい、

これ、東名高速の東京料金所なんですけど・・・

会社に電話

僕『やばいです、完全に間に合いません!』

Img_6569

料金所過ぎて、電話をきり、証拠にと、

リヤガラス越しに、過ぎ去った料金所を写真に収める。

 

僕『運転手さん、これ、3号、逆に走って来てますよ、逆ですよ!』

運転手さん『大丈夫です、合ってますから』

僕『いや、川崎を出発しましたよねー、』

運転手さん『川崎から出て、東京まできてますから、大丈夫です』

おいおい!

 

もう、僕の中では一つの仮説が生まれていた。

これ、今日は、グッディ出演じゃないでしょー、ドッキリGPなんだなと。

車内、カメラを探す。とにかく見回す。

え、それらしき物がない。

いや、でも、あまりに違い過ぎる・・・

やっぱり、ドッキリでしかないよなー、

この運転手さんの自信満々さ・・・

さらに会社に連絡、

『ドッキリじゃないです』

電話向こうで、焦っているのが伝わった。

 

僕『いや、運転手さん、川崎から出発して、次、【東名川崎インター】なんですよ。』

運転手さん『あ、大丈夫ですよ、ナビ通りですから』

Img_6585-1

もうさ多摩川渡ってるじゃん!

真剣に言う

僕『運転手さん、方向、逆ですって、戻りましょう』

 

運転手さん『いやね、ナビ通り走ってますから、大丈夫なはずなんですけどねぇー』

僕『お台場と逆に向かって走ってるんです』

 

すると見えてくる【東名横浜町田】の看板。

お願い、僕を信じて。

僕が案内するから。

何を思ったか、運転手さん

『お台場、海の方だから、横浜であってますよ、近いですよ』

絶望感・・・

 

おいおい、

それじゃ、日本中、海岸線はお台場になっちまう。

なんなんだ、この運転手さんの自信は。

お願い、僕を信じて。

運転手さん『ナビは大丈夫ですからねー』

どこに向かおうとしているのか?

なんだ、このナビは!

そう、咄嗟にナビの画面を僕は覗き込んだ。

え、え、

え、

えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

記録に写真を撮る。

 

Img_6570

目的地まで686キロ、到着22時11分!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

もう、これはなんとしても、高速降りてもらうしかない。

どこなの?

この運転手さんの向かおうとしてるフジテレビは???

お願い、運転手さん、ナビじゃなくて、僕を信じて!!!!

 

僕『目的地まで600キロ以上はないですよー!僕が教えますから!!』

運転手さん『まあ、距離はねぇ、走ってれば、計算し直して、すぐ縮みますから、大丈夫ですよ』

『時間もね、一気に縮みますから大丈夫だと思うんですよねぇー』

『もう、海の方まできていますからー…』

あのー、12時20分、局入りで、もう、40分も遅刻・・・過ぎてるんですけど・・・

ナビの到着予定は22時過ぎ・・・・

もう、お願い!

僕『運転手さん、ナビじゃなく、僕の言う事きいてーーーーー!』

運転手さん『運転中はナビ、操作しちゃいけないから・・・』

運転手さん『ナビでね、さっき、福島の方にも、フジテレビあったけど、そこじゃないですもんねー』

そう、そう、福島ではない。

でも、今、向かっているフジだって、お台場じゃないはず!!

僕『じゃあ、とにかく、高速降りてください!』

Img_6578

運転手さん『時間は大丈夫ですよ、すぐに縮みますから大丈夫です・・・』

いや、縮むどころか伸びてる。

すでに、この頃、僕の実家、町田のつくし野の方が、川崎の自宅よりも、

当然、お台場よりも近い・・・・

おもいっきし、逆方向に来ている。

笑いが止まらない。

僕『逆なんですよ、だから、どうにかして戻りましょ』

運転手さん『海には近づいてますから大丈夫なんですけどねぇ、ナビ通りですから』

 

ここまでくると、志村けんさんの、ひとみ婆さんが運転してる感覚に包まれる。

 

だーかーらー、そのナビの目的地が違うんですって!

 

惨状をツイート。

 

富士山に向かおうとしてるんじゃない?

680キロなら岡山だ!

東名のフジランドに?

岡山に富士遺跡ってのがある!

 

色々助言を頂いた・・・

Img_6581

料金も2万円を超えている。

もう、このころには、僕がハンドルを握りたかった。

僕『あのー、ナビじゃなくて・・・いいですか、僕の言うとおりに!湾岸線に向かいましょう!』

いや、まて、まだまだ、

ここまで頑固な運転手さん、

間違いとかではないほどの、ぶっ飛んだ余裕?である。

なんなんだ、運転手さんのこの自信は!

 

そして、ひとみ婆さんのような、話の切り返し・・・。

 

まてよ、やはりドッキリGP・・・・・

うん、冷静にならなきゃ。

笑いも堪えなきゃ。

怒っちゃいけない・・・・。

怒っても、何も始まらない。

でも、でも、このままじゃ、どんどんフジテレビから離れてく・・・

半ば強引に高速をおりてもらう。

あくまで冷静に、道を指示した。

 

横浜青葉まで戻り、そこから接続線で大黒ふ頭方面へ。

湾岸線。北上。

運転手さんが、湾岸B、看板をみて一言。

運転手さん『これ、千葉の方、行っちゃいますよ・・・いいんですか?』

 

ええーーー、まだそんな事言うの???

いいんです、横浜からなら、お台場は千葉方面なんです・・・わかってー!お願い。このまままっすぐ。

ナビは無視して!!!

変なサービス心出さないで!!!

臨海副都心で降りて、フジテレビへ。

Img_6589

もう、3万円なりそうじゃん。

フジテレビ、90分遅れで到着。

車寄せ、後ろに他の番組の出演者さんのタクシーが待ってるのに、

真ん中停めちゃってる・・・

僕『運転手さん、これ、クルマ、端に寄せましょうか・・・・』

もう、生放送、始まっちゃう!

運転手さん『えー、お支払いは、3万460円で。』

僕『いや、これ、フジテレビの車両部の窓口で申請するはずですけど・・・』

運転手さん『どこですか?教えてもらっていいですか?』

びっくりすることだらけだけど、

いやいや、それ、そのまま、もらおうとしちゃってるの??

でも僕、ほんと時間ないんです。

もう、あとは、フジテレビにお任せ。

Img_6594 Img_6593

本番、テレビ画面では、もう安藤優子さんが話してる。

そんなグッディのテレビを、メイクルームでメイクしてもらいながら見つつ、

本番前最後のツイート。

『ギリギリメイク。ほんと、運転手さん、頑固だった』

頭の中は、不思議だったタクシーの車中での出来事を反芻していた。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020/08/30

地元応援券で

市のコロナ対策での、プレミアムチケットを使って・・・

近所の定食が美味しいと評判のレストランへ。

実は、評判は知っていたが、訪れるのは初めて。

しかも、あやめの通う小学校のすぐ近く。

特別感があるようだ。

そこで、

お子様ランチ。

嬉しいときに、ちゃんと嬉し表情。

そして

『美味しいです』

『嬉しいです』

『美味しかったです』

『ごちそう様でした』

これを、心を込めて、素直に言えるように。

S0268228

さて、一方のつばき、

大人っぽいことでお姉ちゃんにアドバンテージをつけたかったよう。

ペペロンチーノ。

しかし

S0278232

私のに、旗がのってなーい!と少し不満げ。

お姉ちゃんのお子様ランチの旗を

恨めしそうにみながら・・・

S0298260

『美味しい』と。

いっぱい頂いていた。

|

2020/08/29

148円でこの笑顔

Image0_20200831100401Image1_20200831100401Image2_20200831100401Image3_20200831100401

#nack5
#レディオファントム
#カップ焼きそば
Nack5、RADIO PHANTOM、
番組後に、色々とカップ焼きそば、買ってしまったが、次女、つばきが選んだのは、
マルちゃん
『ごつ盛りソース焼きそば』
この喜びの表情。
148円で、この喜び。
君はいい子だ。
一方で、
Nack5の#特選市
そこの蟹爪も、君は普通に食べてしまう…。悩ましい。

 

|

2020/08/23

ヤオコーデート

スーパー、ヤオコーのキャラクター、ヤッポーが好きなのは

次女、つばき・・・だが、

実質、ヤオコーでの買い物が好きなのは、あやめだ。

Img_5909

あやめは、ヤオコーブランド、Yes のラーメンが大好き。

Img_5997

Img_5914

もう、どんだけ入れるんだっ!ってくらい。

さらには、ヤオコーのデリカ、pinoの500円ピザ。

これも大好き。

Img_5922 Img_5999

この喜びようである。

家では、さらにサイゼのオリーブオイルを浸して。

そうそう、サラダにはYes premiumのすりおろし玉ねぎドレッシング。

Img_5920

これ、うちでは、3日でなくなる・・・。

ヤオコーデートは現場取材として、一番楽しいデートである。

|

2020/07/22

あまったれ

Image0_20200722030201

‪『絶望』と『絶望感』と『希望がない』はまったく違う。

希望がないことを絶望と表現する人は、世の中が敵に囲まれている、哀れと見られる状況でない現状の幸福に気付く能力に欠如気味なのかも知れない。‬

‪明日生きられることが、どれだけありがたいか、感じる日々。

日常で、絶望感の中にも希望を作れることが未来。‬

|

2020/05/31

LANCH AMERICA

いよいよ、あと2時間で、

アメリカの有人宇宙飛行の歴史の新たなるスタート。

木曜早朝の、あの延期から迎える、

あと2時間後。

#lanchamerica

#spacex

Img_2540

Img_2547

Img_2551

Img_2554

Img_2553

小さなころ、ボイジャーに興味を持っていた僕が、

スペースシャトルを知った時の驚き、

打ち上げを見た時の感動に近いもの、

そんな感情との再会。

|

2020/05/28

哲学的に『好き』と向き合う。

大学では美学概論など、専門で学んできてもいたが、

美学の世界で、黄金律など、『何が美しいと人間は感じるか・・・』

この辺りは、芸術学科や学部で研究されている。

それを言葉にするのだ。

学問として成立している。

 

さて、この自粛期間中に、自分の中の

『好き』とはなんなのか、自問自答、

そして研究もしていいた。

なーーーんてって言えば、カッコいいが、

自分が好きなタイプを言葉で、説明できるか?

自分が何を好きか、自分でわかっているか?

それだ。

例えば、僕の妻の場合、

なにかを見たときに、

『これ、しんちゃん、好きそう!』と言える。

で、それが当たってる。

これは、僕が説明したからではなく、

これまでの僕を観察して、漠然とわかっているからだろう。

でも、それは彼女にしかわからないこと。

では、僕がお相手させていただく、ラジオの向こう側には、

どう伝えるべきか?

例えば、好きな顔ってのがある。

それはさ、好きな顔を頭の中で並べて共通項を探し出し、

漠然と好き・・・だったものを、明確に

『何がどうで好き』なのか、言葉に置き換えてみる。

僕の中では、だいたい自粛期間中で、説明できるようになっている。

今までは『生活感がある人、そんな女性が好き』とか言ってたり、

こんな説明で、FKDディレクターなんかは、

ばっちりわかってくれちゃってるが、

さて、それを、多くの人が分かるような言葉にすれば、面白い。

好きなタイプの顔の有名人を羅列すれば、なんとなく伝わるだろうが、

それじゃ、ラジオでは時間もないし、面白くない。

アーモンド形の目をしていて、

そして、鼻の先は、頭頂部の面積は小さく、

おでこは大きく広く、

つまりは、目から下が顔の半分以下にあり、

さらに鼻から下は、よりコンパクトで云々。(笑)

これが、自分の中で明確になった。

まあ、普通は、こんなことに向き合わなくていいはず。必要もない。

どんなタイプが好きか。

よく、『好きになった人がタイプです!』なーんて答えもあるだろうが、

自分の内面的に、そもそも『好き』というものに抵触しない限りは、

『好きになった』もないんだとおもう。

僕の場合、例えば、

車で言えば、フロントは逆スラントに近く、

それでいて、目、ヘッドライトは薄目で、

そこから厚みのあるボンネット後端、

キャビンは独立感があり、6ライトウィンドウ系で、ボディ後端に繋がっていく。

室内は左右対称が前提コンセプトでありながら、

生活感はそこそこ必要。つまり、ドライブスルーでマックによっても、

買ったものを置くことができて、圧迫感がない空間であり、云々。

現行スカイラインの美しい内装はもってのほかで、7thスカイラインなんかは好き。

これが分かりやすい。

まあ、興味がない人にはわかりづらいだろうが、

自分の好きなタイプを『明確にする』作業はなかなか奥深い。

いいんですよ、ふつうは『なんか好き』で。

でも、『なんか好き』の

『なんで好き』・・・かを探求すれば、

それこそ美学概論ではないが、

良いものを作る、見つけることができるんではないかと。

すると、自信をもって『好き』を言うことができる。

となると、ラジオでは、面白い一要素になるんではないかと思う。

あ、パソコンのキーボード、僕は小さめが好き・・・なんて漠然とした表現ではなく、

キーのAの中心からLの中心までが15センチが好き。

具体的な説明。これ。

この作業。

これを、ブラジャーにも置き換えて、説明できる男はいるだろうか?

具体的な形容を、自分の中で明確にできるか?

家に、通販のカタログがあった。

無数のブラジャーが出ているではないか。

それらを、一生懸命見て、観察して、

自分は、どれが、グッとくるか?

まじめにやってみた。

僕は出来るようになった。(笑)

僕がグッとくるも、判明したのは、

デザインの要素として、

両脇から中心への、上側の稜線は山のように弧を描くのではなく、

直線的、ないしは下側に弧を描くのが、僕は好きなんだと判明した。

マックのマークのMの内側のラインは好きではなく、

それならUの字のような、凹んだラインの方がぼ億は魅力を感じるというわけ。

つまり、ナイトドレス的な、中世のラインは好きではない。(笑)

自分の中では、これが明確になっている。今回の自粛期間中で。

では、靴では?

顔では?鼻では?

口では?

タイヤでは?

カーインプレッションでは、このあたりの表現が伝わるからレビューが面白い。

自動車評論家と言われる人たちは、すごくうまく表現してくれる。

ラジオで話す人は、そこをどうするのか?

そのスキルは?

伝えたいことがある・・・ではなく、

伝える表現のスキルってあるんじゃないかねぇ。

なんでもいい・・・って言葉は、失礼でもあると思う。

なんでもよくない。これは、自分のまわりへのリスペクトでもあると思うんだ。

そこを善か悪かで語れば、違うが

好きか嫌いかは、それは自由だ。

自分は、なぜそれを好きなのか?

なにが好きなのか?

色々なものに対して考えてみると、

世の中はもっと面白い。

 

|

«どうもテレワークは・・・